リクルート

Home > リクルート > スタッフインタビュー > 2006年新卒入社/本社 人事部 部長 大和 祐子

スタッフインタビュー

スタッフの育成を通してお客さまに貢献できる/2006年新卒入社/本社 人事部 部長 大和 祐子

人と話をすることと、化粧品が好きだったことから、美容業界に興味を持ち、フランス屋に就職しました。店舗のスタッフとしてスタートし、2つの店舗で店長を経験した後、本社に異動となりました。
入社当初のことで印象的だったのは、先輩から「たくさん失敗しなさい」と言われたことです。いろいろな経験を積む中で、失敗をしても、それを乗り越える力を身につけ、成長していくことが大事ということだったのかなと、今は感じています。

主体性を育む教育を大切にしたい

約2年前から教育育成主任というポストに就き、セミナーの企画や、店舗スタッフ・店長の教育に携わっています。心がけているのは、一方的に指示したり、やらせたりするのではなく「あなたなら、どう思う?」とか「これを任せるね」というように、本人の考えや行動を引き出すことです。
私自身が店長だった時も後輩を育成する機会が多かったのですが、私はちゃんと教えたし、本人も分かったつもりでいる場合でも、実際にはできないということがよくありました。言われたからやるという受け身では、やる気も責任感も芽生えないので、主体性を育むような教育を大切にしたいと考えています。
店舗に出ていた時は、大好きな化粧品やインナーの販売を通して、お客さまのお役に立てることが喜びでした。今はスタッフのサポートをすることで、お店のお客さまが増え、売り上げとして結果が出ることが喜びになっています。

社員の人としての成長を支える社風

フランス屋という会社の魅力は、人を大切にする社風にあると思います。小売販売業なので、もちろん売り上げも大事なのですが、それ以上に、社員が一人の女性として成長することを価値としている会社です。
例えば、広い視野で物事を見られるようになることや、洗練された所作やマナーを身につけることなどです。私も以前はマナーなどほとんど意識していませんでしたが、入社してから先輩や上司から指摘を受け、社会人として大切なことを多く学ばせてもらいました。お客さまをお迎えするときは立ってお迎えする。お辞儀一つでも気持ちを込める。お世話になった方には感謝の気持ちを述べる。そういった基本的なことだからこそ、大切にしなければならにことではないでしょうか。
これからは私ももっと意識を高くもち、後輩たちにしっかりと伝えていきたいと思ってます。

スタッフ一覧へ戻る


ブランドリスト
  • フランス屋
  • 森の朝
  • ALBION DRESSER
  • ADDICTION