リクルート

Home > リクルート > スタッフインタビュー > 2011年新卒入社/エルフランス屋 岡本 美紀

スタッフインタビュー

安心して相談してもらえる接客を目指して/2011年新卒入社/エル フランス屋 岡本 美紀

もともとコスメが大好きだったんです。すっぴんには全く自信がないのですが、メイクをすると、少しかわいくなれます。お化粧の力ってすごいですよね。だから他の人にもそういう感動を知ってもらいたくて、フランス屋に入社したいと思いました。
最初に配属されたのが、インナーも扱っているお店だったので、インナーへの興味がすごく広がりました。インナーも、きちんとサイズの合った商品や、お悩みに合った商品を着けることでボディラインを整えることができ、コンプレックスを解消してくれる物なんです。そういうインナーの役割を、お客さまにしっかりとお伝えしていきたいですね。

新たなお客さまとの出会いが成長に

こちらの店舗には去年の異動で来ました。以前の店舗は20~30代のお客さまが多かったのですが、こちらは50代以上の方が圧倒的に多いので、お客さまのお悩みも、人気商品の傾向も全く違います。前の店舗で一通りのことは覚えたつもりでいたのですが、こちらに来たら「私何も分かってない…」と最初は愕然としてしまいました。
改めて学びなおすことも多かったのですが、より幅広い知識を身につけることができ、自分の成長につながったと感じています。

デリケートな下着選びでお役に立ちたい

下着は洋服と違って、外からは見えないものですよね。それでも商品によっては1万円以上する物もあるのですが、お客さまのお悩みに合った商品であれば、高額なものでも選んでいただけます。そして満足してもらえたら、また買いに来られるということもあります。そんな時は、お客さまのお役に立てたことが本当に嬉しいですし、もっともっとインナーのことを勉強していきたいと思います。
下着選びは、採寸や試着など、とてもデリケートなことです。ちょっと抵抗感があったり、緊張してしまうお客さまもいらっしゃると思うので、どなたにも安心していただけるような接客と、お店の雰囲気作りを心掛けていきたいと思っています。

スタッフ一覧へ戻る


ブランドリスト
  • フランス屋
  • 森の朝
  • ALBION DRESSER
  • ADDICTION