リクルート

Home > リクルート > スタッフインタビュー > 2014年入社/森の朝ii-asa 越河 麻里

スタッフインタビュー

カウンセリング販売に憧れて転職/2014年入社/森の朝ii-asa 越河 麻里

森の朝ii-asaは2014年3月にオープンにして、
この春1年を迎えます。

私はオープニングスタッフとして入社し、同じく一年を迎えたばかりです。
以前は、生活用品の専門店で販売員として働いていました。中でも化粧品の担当ではありましたが、セルフサービスで商品を選んでいただくシステムだったため、いつしかカウンセリング販売ができるお店で働いきたいと思うようになりました。そこで、ちょうどオープニングスタッフの募集を見つけたのです。

カウンセリングをしながら接客ができることはもちろん、様々なブランドの化粧品を扱うお店であったことに魅力を感じました。
また、フランス屋は店舗ごとに異なるイメージがあり、例えば、森の朝ii-asaならお城のイメージ。他にもお菓子屋や水車小屋、ワイナリーなどといったこだわりのある企業イメージに惹かれ、入社を希望しました。

接客の難しさを知り、接客に向き合う日々

転職してみてまず接客の難しさを痛感しました。それは、これまでと接客方法がまるで違ったからです。
声をかけられたら商品をご案内するというスタイルに慣れていた私は、自らお声かけするという方法に始めは戸惑いました。カウンセリングとなれば一層のこと。人見知りも加わり、お客様を前にすると緊張してしまうのです。
押し売りになってはいないか、お客様が本当にほしいと思うものを引き出せているだろうかと日々格闘する毎日。
しかし、先輩のアドバイスやロールプレイングのおかげで、今ではお客様と打ち解け、プライベートなお話もできるようになりました。私を指名して来店くださるお客様も増え、とてもやりがいを感じています。
最近では後輩も入ってきたので、見本となる接客ができるように日々努力したいと思っています。

お客様から愛される会社であるために

フランス屋では化粧品だけでなく肌の知識にいたるまで、セミナーなどでいちから学ぶ機会を与えてもらえるので、未経験の人でも安心して入社できるのではないかと思います。もちろん、接客においても丁寧な指導とバックアップがあるため、私のように人見知りの人にもぜひ、応募してもらいたいと思います。

またもう一つの魅力として、フランス屋にしかない接客方法を、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思います。お客様にただ商品を売るのではなく、カウンセリングやミスト体験、肌チェックを誰でも無料で行っていただくことで、「感動の体験」をご提供する。これは他にはないサービスだと思います。お客様のことを一番に考える会社だからこそ、お客様から愛されているのがとてもよくわかります。
これからもお客様の「心をつかむ接客」を目指して頑張りたいです。

スタッフ一覧へ戻る


ブランドリスト
  • フランス屋
  • 森の朝
  • ALBION DRESSER
  • ADDICTION